香川真司選手セレッソ時代の乾選手との無双プレー

 

【香川真司】選手のセレッソ時代の乾選手との無双コンビプレーを動画で見てみましょう!ほんとにヤバイです!
香川選手の当時のコメントも必見です!!

 

○2005年(16才)

香川選手は当時高校2年生ながらU-18東北代表に飛び級で選出。

仙台カップ国際ユースサッカー大会 (U-18) ではU-18日本代表を5-2で破るなど大活躍をし、その名を一気に全国レベルへ!

当時のU-18日本代表のDFラインには内田篤人、吉田麻也、槙野智章、安田理大という後のA代表メンバーが揃っていたにも関わらず、ドリブルと高精度のパスで何度もU-18日本代表守備陣をズダズダに切り裂き、1試合3アシストという結果を残しました。

まさに、無双状態ですね!!

この時、香川選手は以下のようにコメント。
「この試合が楽しみで楽しみで、早く試合をしたくて仕方がありませんでした。ここで活躍すれば、僕にも代表に入れるチャンスがあると思っていましたから」
サッカーキング

この後、セレッソ大阪とプロ契約を結び、史上初のクラブ下部組織以外での高校生Jリーガーとなります。

セレッソ大阪のスカウトは、
「センスを感じた。教えられない持ち方、ボールの受け方、さばき方、ヘッドアップする姿勢。小さくて華奢な子ですが、ボールを取られない。何よりサッカーが好きな子だった。彼を欲しいと思った時、もし1年待ったら全チームがオファーして来るだろうと思った。徐々に全国に知れ渡ってきてやばいなと思うようになりましたし。今なら獲得できる確率は高いということで、思い切ってオファーを出したんです」
サッカーキング

 

BBB(トリプルビー) HMB

 

○2008年(19才)

開幕からセレッソ大阪の主力として活躍。

自己カテゴリーのU-19日本代表はもちろん、飛び級でU-23日本代表にも選出され、なんと19歳で北京オリンピックに出場しました!

また、A代表にも選ばれ、記念すべき初得点も記録するなど大きく飛躍した年になりましたね!

セレッソでは、乾貴士選手と非常に息の合ったプレーを披露し、後に2人のプレーはJ2の伝説になります!

元日本代表監督の岡田氏も
「面白いと思ったのはテクニックばかりじゃない。アイツ、全然物怖じしないんだ。目上の選手に対しても抜かれたらジャージーを引っ張ってでも止めようとする。遠慮もしないし、凄い負けず嫌い。だから次のキリンカップにも呼ぼうと思ったし、チャンスがあったら使いたいと考えていた」とコメント。
number

○2009年(20才)

この年の香川選手のプレーはJ2ではもはや敵なしという感じでした!

彼自身も、「絶対にチームをJ1に昇格させないといけない。自分がやらないといけないし、チームを引っ張っていかないといけない。覚悟が決まりました。クルピ監督からは守備よりも攻撃を任されているし、ゴールに近いポジションにいる以上、自分が取らないと話にならない」

と、自身の言葉通りゴールを量産し、プロ入り初のハットトリックも達成します。

その後も乾選手と共にゴール・アシストを量産し、J2得点王&MVPに輝きチームをJ1昇格に導きます!

まさに有言実行ですね!

 

 

今見てもほんとにすごいです・・・

しかし、周囲の賞賛とは裏腹に、本人は満足することなく、より高みを目指していたみたいです。。

「常に上のレベルを意識して試合をしていたから、満足のいく試合なんてほぼなかった。J2のレベルでこんなに運動量が少なくて、果たして上のレベルで戦えるのだろうかと思いながらも、その環境に甘えている自分もいて……。点を取っていたから、『点を取ったからいいだろう』という気持ちもあったのも事実で、でもそれではもっと上を見た時に、もっともっと自分を追い込んでいかないとダメだなと毎試合思っていた」

この後の飛躍も納得です!

 

<PR> 口コミで話題沸騰のオンラインダイエットジム↓↓ 
ボディデザインプログラム

 

BBB(トリプルビー) HMB

 

 

この記事を見た人はこちらもご覧になっています!

【香川真司】の年俸の推移をデビュー時から現在まで徹底分析!!

【香川真司】2010-11シーズンの海外の反応!世界のサムライへ大躍進!!

【香川真司】の年俸を2017年現在で徹底解剖!!セレブな実態が明らかに!?

【香川真司】ドルトムントでの輝く2011-12シーズン!ベストプレー動画!!