【本田圭佑】の年俸の推移をデビュー時から現在まで徹底分析!!

本田圭佑選手はこれまで南アフリカ、ブラジルと、二度のW杯において日本代表を牽引してきた日本のキーマンであり、言わずとも知れた功労者の1人です!

そんな本田圭佑選手ですが、現在メキシコリーグの強豪パチューカに在籍する彼の年俸はいくらなのか??

ミランの時は??オランダ時代は??

と、気になる本田圭佑選手のデビュー当時からの年俸の推移を追っかけてみたいと思います!

 

本田圭佑のJリーグ時代

まず、本田圭佑選手の【基本プロフィール】ですが、、

国籍 日本
生年月日 1986年6月13日(31歳)
出身地 大阪府摂津市
身長 182cm
体重 74kg

17-18シーズン在籍 CFパチューカ(メキシコ)
ポジション FW / MF
背番号 02(パチューカ)
利き足 左足

 

【所属チーム】

・ユース
1994-1998 摂津FC
1999-2001 ガンバ大阪ジュニアユース
2002-2004 星稜高校

・クラブ
2005-2007 名古屋グランパス
2008-2010 VVVフェンロ
2010-2013 CSKAモスクワ
2014-2017 ACミラン
2017- CFパチューカ

・代表歴
2005 日本 U-20
2006-2008 日本 U-23
2008- 日本

 

となります!!

では、気になるJリーグ時代の年俸はどうだったのでしょうか??

 

Jリーガー時代の年俸

2005年 名古屋グランパス1年目(19歳)
年棒 450万円

2006年 名古屋グランパス2年目(20歳)
年棒 1000万円

2007年 名古屋グランパス3年目(21歳)
年棒 1800万円

 

年俸の推移だけ見ても、順調にプロ選手のキャリアを築いているのがわかりますね!

Jリーグで手ごたえを掴んだ彼は早々にヨーロッパに活躍の舞台を移します。

 

SNSLP

 

海外移籍!オランダからロシアへ!!

2008年 VVVフェンロ1年目(22歳)
年俸 6500万円

2009年 VVVフェンロ2年目(23歳)
年俸 6500万円+ボーナス

 

フェンロは移籍当時2部のチームでしたが、本田選手の活躍でなんとオランダ2部リーグ優勝!!
チームはオランダ1部昇格を果たし、本田圭佑自身もリーグMVPに選出され、一気にヨーロッパに名前を広めます!

 

ダニエル・ファン・ブイテン(元オランダ代表DF)
「本田はとても良い選手だ。僕らは彼に仕事するためのスペースを与えないよう、しっかりと注意しなければいけない。彼にゆっくりとボールを持たせてはいけないんだ。」

 

 

 

そして、ロシアリーグへ移籍!!

2010年 CSKAモスクワ1年目(24歳)
年俸 3億円

2011年 CSKAモスクワ2年目(25歳)
年俸 3億円

2012年 CSKAモスクワ3年目(26歳)
年俸 3億円

2013年 CSKAモスクワ4年目(27歳)
年俸 3億円(4年契約のため年俸自体は推移なし)

 

2010年のW杯の活躍もあり、ロシアリーグへとステップアップした本田選手ですが、ここで一気に年俸は跳ね上がります!!

この当時ロシアはオイルマネーにより資金が潤沢であったこともありますが、実力的にもCSKAモスクワの中心選手としてリーグ優勝やチャンピオンズリーグでの躍進に貢献しました。

 

レオニード・スルツキ(本田選手がCSKA時代の監督)
「本田は我々のチームで4年を過ごした。そしてその間、我々の快挙のすべてにおいて、彼は大きな役割を担ってきた。彼はキープレーヤーだった。我々が獲得してきたすべてのタイトルは、彼の貢献によるものだったんだ。彼はすぐに我々の元を去るが、試合に完全に集中しているよ。」

 

ルベン・スハーケン(ADOデン・ハーグ)
「ケイスケは私が一緒にプレーした中で最高の選手の一人だ。彼は常に次のことを考えてプレーする素晴らしい選手だった。ミランに移籍することが決まっているみたいだけど、個人的にはCSKAよりもうまくやれるんじゃないかと思う。ケイスケはプレッシャーが大きければ大きいほどやりがいを感じる選手だからね。」

 

BBB(トリプルビー) HMB

 

名門!ACミランへの移籍!

2014年 ACミラン1年目(28歳)
年俸 7億円2015年 ACミラン2年目(29歳)
年俸 7億円2016年 ACミラン3年目(30歳)
年俸 7億円

 

ここで、本田圭佑選手自身も小さい頃からの夢だったという名門ACミランへの移籍が決まります!
しかも、背番号はなんと10番!!

年俸も超高額年俸へ推移するわけですが、それよりも日本人選手がミランほどのクラブで10番をつける日がくるなんて…

キャプテン翼の世界かと思うくらい衝撃だったことを覚えています!!笑

 

 

エル・シャーラウィ(ASローマFW)
最も印象に残った日本の選手をひとり挙げるとすれば?
「それはやはり本田(圭佑)だよ。初めて”ナマ”で彼を見たが、噂に違わぬというか、それ以上の強烈な印象を受けたというのが実際のところだね。キープ力は突出しているし、走れるし守れる。さらにチームのために犠牲を厭(いと)わない。FKの威力は周知のとおり。しかも彼は、あれだけ激しい試合であっても冷静さを失うことがない。サッカーをやったことがある人なら分かると思うけど、これはそんなに簡単なことじゃない。しかもあのレベルでの試合だからなおさらね。
もうひとつ彼の素晴らしいところを挙げると、それは絶対にボールを『ムダにしない』、つまりバックパスや横パスに逃げないってことだね。その彼がミランに来てくれたら僕は本当に嬉しく思うし、来年の1月が楽しみだよ。彼の力は必ずや今のミランにとって有益だと思う」

 

ドゥンガ(元ブラジル代表監督)
「技術的レベルで言えば、本田とこれまでの(日本代表)選手との差はそれほどない。本田が優れているのは、メンタル面だ。彼のプレーからは、いつもいいプレーをしなければならないという責任感を感じる。今までの日本人選手と正反対で、彼は強い。何より得点を決めることが出来る。彼は試合の中で〝違い〟を生み出せる選手なんだ。」

 

意外!?選んだ新天地はメキシコリーグ!!

 

2017年 CFパチューカ1年目(31歳)
年俸 4億5000万円

 

ACミランではチーム状況の悪さも重なり、なかなか思うような結果が出せないまま自身のパフォーマンスも落ち、ロシアW杯へもう一度復活を期して新天地に選んだのがなんとメキシコリーグでした!

これはある意味、ミランへ移籍した時と同じくらいの衝撃を受け、「血迷ったか??」とまでファンの間で噂されたこともありました。

しかし!
2018年の本田選手のパチューカでの活躍は、オランダ時代やモスクワ時代を彷彿とさせるものがあり、チームの中心的存在になっていっているのがよくわかります。(2月時点)

このまま調子を上げて、是非ロシアW杯で香川真司選手と共に、もう一花咲かせて欲しいものですね!!

 

 

 

BBB(トリプルビー) HMB

 

 

この記事を見た人はこちらもご覧になっています!

【香川真司】の年俸の推移をデビュー時から現在まで徹底分析!!

【マルコロイス】の年俸を徹底解剖!!ガラスの王子は驚愕のセレブだった!?

【香川真司】2010-11シーズンの海外の反応!世界のサムライへ大躍進!!

【香川真司】セレッソ時代の乾選手との無双動画プレーとコメント!!

【香川真司】ドルトムントでの輝く2011-12シーズン!ベストプレー動画!!